診療のご案内診療のご案内

診療科一覧へ戻る

診療科のご案内 
回復期リハビリテーションセンター

回復期リハビリテーションとは

当院の回復期リハビリセンターは、平成28(2016)年度に新しく開設いたしました。様々な機器を揃え、患者様に合わせた多様なリハビリテーションが可能です。

回復期リハビリテーションとは、脳卒中や骨折、膝や脊椎の手術後などの患者様に集中的にリハビリテーションを行い、退院後の生活をより良いものにすることを目的とします。

「歩く」、「食べる」、「着替える」など生活に必要な動作をご自身で行うことができるように“3つのリハビリテーション”を通して復帰のお手伝いをさせて頂きます。

回復期リハビリテーションとは
回復期リハビリテーションとは
回復期リハビリテーションとは
回復期リハビリテーションとは

3つのリハビリテーション

リハビリテーションは「理学療法」「作業療法」「言語聴覚療法」の3つに分けられます。

理学療法とは、「歩く」、「立つ」といった基本的な動作のリハビリを中心に行います。

作業療法とは、「着替える」、「トイレに行く」などの日常生活動作の練習を中心に、生活の質を向上させることを目標にリハビリを行います。

言語聴覚療法とは、食事の飲み込みができなくなった方へのリハビリや、脳卒中などで言葉を話すことができなくなった方にリハビリを行います。

また作業療法、言語聴覚療法は高次脳機能障害と呼ばれる脳神経系の病気でみられる病態にたいしてのリハビリも行います。

これら3つの専門性をもったリハビリテーションを患者様に合わせて提供いたします。

スタッフ紹介

鍋丁 雅史 (言語聴覚療法 リハビリテーション科 課長代理)

当院の言語リハビリでは、言葉の理解や発話に障害が出る失語症や発話が障害される構音障害、注意や記憶など高次脳機能が障害された方に適切なアプローチを行い、コミュニケーション能力の改善を目標とします。

また言語リハビリでは、飲み込みに関係する口唇や舌の動きなどを改善するリハビリ、実際に飲食物を使ってリハビリを行い、食べる機能の改善を目指します。

どちらも患者さんと一緒になって継続的にリハビリを行っていきます。

上村 朋美 (理学療法士 リハビリテーション科 課長代理)

当院の理学療法は、脳の病気や骨折などで立ち・座り・歩くなどが困難になる運動障害に対して、運動療法を行い改善を目指します。

そのほか、退院に向けて家屋の調査を行い、患者様に必要なサービスの提案をし、快適な日常生活を送れるよう環境を整えるサポートをさせて頂きます。

金子 涼香 (作業療法 主任)

当院の作業療法は、脳の病気や骨折などで起こる上肢の運動障害に、必要な運動療法を行って改善を目指します。また日常生活動作(食事、トイレ、更衣、入浴)や家事動作が困難になる患者さんにリハビリを行うとともに、環境整備も行って生活がしやすくなるようにサポートしていきます。

実績

令和2(2020)年度

  • FIM利得率: 40.5
  • 在宅復帰率: 83.8%
  • 回復期重症率: 32.3%
  • 重症者改善率: 57.4%